Windows XP用のVPNを手動でセットアップして使用する方法

[ware_item id=33][/ware_item]

このチュートリアルでは、次の方法を説明します。 Windows XPでL2TPおよびPPTPプロトコルを使用してVPN接続をセットアップする.


Windowsダイヤラーをダウンロードする

を開く ようこそメール ExpressVPNにサインアップしたときに受け取りました。クリック メール内のリンク.

ようこそメールを開きます

リンクが見つからない場合は、こちらからアカウントにサインインしてください.

expressvpnアカウントにサインインします

ウェルカムメールのリンクをクリックするか、ウェブサイトにログインしたら、をクリックします 他のデバイスでセットアップする.

より多くのデバイスウィンドウにセットアップする

クリック 手動設定 画面の左側で、選択します PPTP & L2TP / IPsec 右側のタブ。あなたが見つけるでしょう IPsec事前共有キー, きみの ユーザー名, きみの パスワード, およびのリスト サーバーアドレス 世界中で.

pptpおよびl2tp情報をコピーします

クリック Windowsダイヤラーをダウンロードする 手動設定セクションの下部にあるボタン。これにより、ZIPファイルがダウンロードされます expressvpn_dialers.zip

ダウンロードWindowsダイヤラーをクリックします

このブラウザウィンドウを開いたままにします。この情報はセットアップに必要になります.

Windowsダイヤラーを構成する

ZIPファイルを抽出し、次の2つのオプションのいずれかを選択します。 (注意:ZIPファイルの内容を表示しているだけでは、次の手順は機能しません。抽出する必要があります。)

  • 検閲のある国にいる場合: ダブルクリック ExpressVPN_L2TP ダイヤラ。これにより検閲がより確実に回避されますが、次のステップのように、1回限りの構成が必要です.
  • さもないと:ダブルクリック ExpressVPN_PPTP ダイヤラ。これは検閲を避けることはできませんが、設定は簡単です.

L2TPの使用を選択した場合は、次の構成手順を実行します。最初に接続する前に、これを一度だけ行う必要があります。

クリック プロパティ

プロパティ

[セキュリティ]タブで、 高度な, そしてクリック 設定

高度な設定

選択する Microsoft CHAPバージョン2(MS-CHAP v2), そしてクリック OK

Microsoft Chapバージョン2

[セキュリティ]タブに戻り、クリックします IPsec設定.

沿って キー, タイプ: 12345678 , そしてクリック OK

事前共有キーを入力してください

サーバーの場所を選択してクリックします つなぐ

ネットワーク接続を選択

以前に取得したExpressVPN L2TP / PPTPアカウントの資格情報を入力します。クリック つなぐ.

ユーザー名とパスワードを入力してください

それでおしまい!接続されています.

VPNから切断するには, ダイヤラファイルをもう一度ダブルクリックしてから、をクリックします 電話を切る.

電話を切る

pbkファイルに関する問題?

pbkファイルを開けない場合は、このチュートリアルを使用して問題を解決してください。.

Windows XP用のVPNを手動でセットアップして使用する方法
admin Author
Sorry! The Author has not filled his profile.