接続できません:使用中のすべてのTAP-Windows / TAP-Win32アダプター

[ware_item id=33][/ware_item]

立ち往生して助けが必要


立ち往生し、いくつかの助けが必要?

人間と話す

接続ログに次のエラーメッセージが表示される場合:

木4月21日11:22:37 2016このシステム上のすべてのTAP-Windowsアダプターは現在使用中です.
木4月21日11:22:37 2016致命的なエラーによる既存
エラーで切断されました:vpnプロセスは予期せず終了しました
木4月21日11:22:37 2016システム上のすべてのTAP-Win32アダプターは現在使用中です.

クリック 開始 (またはヒット ウィンドウズ キー)[スタート]メニューを開く.

  • 走る
  • 選択する 走る [プログラム] under [実行]ダイアログボックスを開く

プログラムを実行する

[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスで、「ncpa.cpl」をクリックします OK.

ncpa.cpl

[ネットワーク接続]ウィンドウで、 ExpressVPN TAPアダプター. 多くの場合、その名前は イーサネット. 呼ばれることもあります Tap-Windows Adapter V9 ExpressVPNの古いバージョン用.

expressvpnタップドライバー

右クリック TAPアダプター、および選択 有効にする. 既に有効になっている場合は、まず無効にしてから再度有効にします.

タップアダプターを有効にする

ExpressVPNを再起動します サーバーの場所に接続します.

クリックしてWindowsでExpressVPNに接続します。

TAPアダプターが見つかりません?

[ネットワーク接続]ウィンドウにTAPアダプターが表示されない場合は、to デバイスマネージャ ネットワークアダプター ExpressVPNタップアダプター.

ダブルクリック ExpressVPN Tap Adapterでデバイスのステータスを表示します。表示された場合:

Windowsは、このデバイスに必要なドライバーのデジタル署名を検証できません。最近のハードウェアまたはソフトウェアの変更により、誤って署名されたファイルまたは破損したファイルがインストールされた可能性があります。または、未知のソースからの悪意のあるソフトウェアである可能性があります。 (コード52)

ドライバーの署名の強制を無効にし、ExpressVPNを再インストールし、ドライバーの署名の強制を再度有効にする必要があります。.

ドライバーの署名の強制を無効にする

  1. 開く コマンド・プロンプト 管理者権限で。これを行うには、デスクトップ検索で「コマンドプロンプト」を検索します。確認してください 右クリック コマンドプロンプトと選択 管理者として実行.
  2. 次のコマンドを入力します。bcdedit / set testsigning on「操作が正常に完了しました」と表示されます。
  3. コマンドプロンプトを閉じてコンピューターを再起動します.

ExpressVPNを再インストールします

  1. ExpressVPNアカウントにサインインします.
  2. クリック ExpressVPNをセットアップする.
  3. Windows用ExpressVPNアプリをダウンロードする.
  4. Windows用のExpressVPNアプリをインストールする.

ドライバー署名の強制を再度有効にする

  1. 開く コマンド・プロンプト 管理者権限で。これを行うには、デスクトップ検索で「コマンドプロンプト」を検索します。確認してください 右クリック コマンドプロンプトと選択 管理者として実行.
  2. 次のコマンドを入力します。bcdedit/ set testsigning off
  3. コマンドプロンプトを閉じてコンピューターを再起動します.

さらなるトラブルシューティング

それでも問題が発生する場合は、まず コンピュータを再起動してください, それから ExpressVPNを起動し、サーバーの場所に接続します.

コンピューターを再起動しても問題が解決しない場合, ExpressVPNを再インストールします. 最初にアプリをアンインストールする必要はありません。インストールプログラムを再度実行するだけです.

接続できません:使用中のすべてのTAP-Windows / TAP-Win32アダプター
admin Author
Sorry! The Author has not filled his profile.