魅力的な修正:NSAの訴訟がまたチャンスを得る

[ware_item id=33][/ware_item]

NSAアピール


多くの市民は、エドワード・スノーデンを、無差別な検索とインターネット閲覧データの押収のために、国家安全保障局(NSA)に対する挑戦と訴訟の洪水を遂げた要と見なしていますが、この戦いには長い歴史があります。 2006年、ウォッチドッググループのElectronic Frontier Foundation(EFF)は、Hepting v。AT&光ファイバーのタッピングに対処するT。それは敗北し、2008年にJewel v。NSAに置き換えられました。スノーデンの啓示は火に燃料を追加しましたが、2015年2月に連邦裁判所の判事がJewelに対して裁定しました。現在、EFFは、より良い結果を期待して、インターネットプライバシーをめぐる争いを控訴裁判所に提出しています。.

シャイニング・ブライト

ジュエルは、ヘプティングの決定に対する答えとして始まりました。ほとんど同じAT&Tのお客様は、ケースの名前を冠したキャロラインジュエルを含む、苦情を新しい訴訟に移しました。 EFFによると、「オンライン通信、会話、ウェブ検索、読書、その他の活動」のコレクションは、アメリカ人を不当な検索と発作から保護する第4修正条項の違反です。 EFFの観点からは、インターネットバックボーンストリームの一部を傍受してコピーすることはNSAにとって受け入れられる慣行かもしれませんが、スパイ機関がセレクターに基づいてこのコンテンツを検索したり、将来の使用のためにこのデータを保存したりすると、事態は面倒になります。事実上、政府機関は特定の行動を求めて民間人のビジネスをいじくり回しており、ユーザーの同意なしにこの情報を押収しています。.

The Registerに記されているように、Jewelは今年初め、米国地方裁判所のJerry Whiteによる10ページの判決で敗北しました。問題?裁判所はNSAおよび他の政府の議論を「説得力がある」と呼んだが、ホワイトは「可能な防衛には州の秘密情報の容認できない開示が必要になる」という問題を引用して彼の決定の完全な説明を提供することを拒否した。 NSAのデータ収集によって引き起こされる直接的な被害を確立することができませんでした。さらに心配なのは、実際に彼らの訴訟を証明すると、政府がオンラインで行っていたことを正確に開示することを余儀なくされるという主張でした.

一番下の行?それはキャッチ22です。裁判所は、公に利用可能なデータとSnowdenによって利用可能にされたファイルを使用して、原告には危害の主張をサポートするのに十分な情報がないと主張します。裁判所はまた、そのような主張を支持する証拠が存在する可能性があることを認めているが、政府に彼らの方法を擁護するよう求めることは公共の安全を危険にさらすだろう。そのため、ホワイト判事がこの訴訟を却下したことは驚きではありません。しかし、EFFが魅力的であることは不思議ではありませんか?

控訴の証拠?

EFFやその他のウォッチドッググループにとって、裁判所の判決に関する初期の課題はうまくいきませんでしたが、ネット市民がオンラインプライバシーを当然とすることを拒否しているため、潮流は政府のスパイプログラムに反対しているようです。たとえば、英国では、プライバシーインターナショナルはGCHQの大量スヌーピングポリシーに対する公式の法的異議申し立てを開始し、政府のスパイ機関は自らを「法律より上」と見なし始めていると主張しています。データ収集に関してですが、英国のintelligence報機関は既存のプライバシー法を回避しようとしていないこともわかりました。簡単に言えば?これは指を振る行為でした.

EFFは、裁判所が第4修正案をめぐって踊りながら、NSAの手法に対する口頭での批判を提供するため、ジュエルアピールで同様の課題に直面する可能性があります。しかし、膨大な量の公的証拠により、裁判官や議員が現状を再検討し、公共の閲覧データを監視、検索、保存する際に、代理店の方法をより厳しく調査するよう促すことができます。.

ありがたいことに、上訴裁判所がジュエルを裁定しても、市民は無力ではありません。ますます技術に精通し、プライバシーを重視する一般の要求が答えるにつれて、より多くの訴訟が続くことはほぼ確実です。ユーザーは、Torベースのネットワークまたは仮想プライベートネットワーク(VPN)を活用して、データを不正に盗もうとする努力をefforts折させることもできます。スパイが気に入らない場合は、裁判所に連れて行ってもらいます.

注目の画像:コンスタンチンユガノフ/ダラーフォトクラブ

魅力的な修正:NSAの訴訟がまたチャンスを得る
admin Author
Sorry! The Author has not filled his profile.