ウィキメディア財団と権利グループは、NSAを集団監視で訴えています

[ware_item id=33][/ware_item]

ウィキメディア財団と権利グループは、NSAを集団監視で訴えています


ウィキペディアの背後にある非営利組織であるジミーウェールズのウィキメディア財団は、国家安全保障局(NSA)および司法省(DOJ)に対して訴訟を起こす意向を発表しました。.

この訴訟は、PRISMなどの集団監視プログラムに挑戦するために設定されています.

財団は最近のブログ投稿で次のように述べています。

「この訴訟を提起する目的は、世界中のユーザーの権利を保護するために、この大量監視プログラムを終了することです」.

この非営利団体には、「イデオロギーの領域全体から」他の8つの組織が参加しています。

  • アムネスティインターナショナルアメリカ
  • 女性のためのグローバル基金
  • ヒューマン・ライツ・ウォッチ
  • ペンアメリカンセンター
  • ネイションマガジン
  • 全国刑事弁護弁護士協会
  • ラザフォード研究所
  • ラテンアメリカのワシントン事務所

完全な苦情は、ウィキメディアがいわゆる「上流」監視(インターネット構造を利用した膨大なデータの収集)に焦点を当てる方法を説明しています。.

訴訟は、このような広範な監視が、表現と結社の自由、プライバシーの権利をそれぞれ侵食することにより、修正第1条と第4条の両方に影響を与えると主張している.

訴訟はまた、内部告発者のエドワード・スノーデンが最初に国民の注意を引いたNSAの慣行は、米国裁判所の権限を確立する憲法第3条に違反すると述べている.

さらに、それはスパイ機関が外国情報監視法(FAA)によって定義され、2008年に議会によって修正されたように、その権限を超えたと言います.

FAAはセキュリティサービスに非米国市民のみを監視する権限を与えますが、実際に使用される方法は、米国居住者とまったく無実の非居住者からの膨大なデータを実際に掃除しました.

残念ながら、ウィキメディアの問題は、余分なデータが収集されたことを証明するのが難しいことです。そのようなつまずきは、財団がその訴訟に勝つことを実際に不可能にする可能性があります.

ウィキメディアは、2013年にリリースされた分類されたNSA PowerPointプレゼンテーションを指摘しました。このプレゼンテーションには、監視システムによってアナリストが「インターネットで行うほぼすべてのこと」を学習できる方法を説明した特定のスライドが含まれています.

財団はまた、ウィキペディアへの明示的な言及を含み、グーグル、フェイスブック、ツイッター、ヤフーを含む組織からの他のものと同様に、ウィキペディアへの明示的な言及を含む2回目のスライドを提示しました。これは、スーツの根拠を提供すると言う.

しかし、実際の法的状況はそれほど明確ではありません。その主張を証明するために、ウィキメディアは、それ自体がNSAの行動の影響を受けていることを最終的に証明する必要があります。過去にそうだったように、エージェンシーは、その通信がそもそも傍受されたことがあるかどうかを財団が知ることができないと主張するでしょう。そのような議論は少し厄介なように聞こえるかもしれませんが、秘密監視プログラムはもちろんその範囲と実行において秘密であるという事実により、過去に非常に効果的であることが証明されました.

ウェールズとウィキメディア財団のエグゼクティブディレクターのリラ・トレチコフは、NSAが入力を読んだ場合、報復を恐れて、現在の立場では投稿者が新しい記事を作成したり既存の記事を編集したりすることを望まないため、この事件は不可欠です.

ペアは、ウィキペディアの月間5億人の訪問者と、アイデアと知識を自由に交換する彼らの民主的権利を保護するために訴訟が提起されたと言いました。

「プライバシーは不可欠な権利です。表現の自由を可能にし、探究と結社の自由を維持します。これにより、迫害を恐れることなく、自信を持って読み書き、コミュニケーションを行うことができます。プライバシーが保護されている場所で知識が活気づく」.

ロイターによると、オバマ政権はこの事件を否定し、次のように述べている。

「私たちは、電子監視の有効な対象が何であるかについて非常に明確でした。オンライン記事を無害に更新したり読んだりする行為は、そのカテゴリに分類されません」.

ウィキメディアがアメリカ市民自由連合の助けを借りて提訴したこの事件について、非常に興味を持ってフォローします。.

注目の画像:ジェリー・スリウォフスキ/ダラー写真クラブ

ウィキメディア財団と権利グループは、NSAを集団監視で訴えています
admin Author
Sorry! The Author has not filled his profile.