マイクロソフトが新しいサイバー犯罪ハブでアジアをターゲットに

[ware_item id=33][/ware_item]

マイクロソフトが新しいサイバー犯罪ハブでアジアをターゲットに


マイクロソフトは、シンガポールに新しいグローバルなサイバー犯罪サテライトセンターを開設し、オンライン犯罪との闘いを強化しました.

この新しいセンターは、地域の3番目の衛星として東京と北京に、そしてMicrosoftがワシントンDCとベルリンの拠点を拡大するにつれて、全体で5番目の衛星として参加します。.

新しい衛星の主な目的は、ハッカーの温床になりつつある地理的領域でのオンライン犯罪との戦いを支援することです。マイクロソフトの資産を保護することに特に重点を置いて、マルウェアとボットネットを狙います.

この施設は、インド、韓国、オーストラリア、ニュージーランドなどの東南アジアおよび海洋諸国にサービスを提供します.

月曜日の記者会見で、マイクロソフトのデジタル犯罪部門の顧問弁護士であるリチャード・ボスコヴィッチは次のように述べています。

「私たちがセンターを開設する理由の1つ、特にここは明らかに、シンガポールが世界の主要な金融センターの1つだ.

シンガポールにはたくさんのお金が流れています。シンガポールは比較的裕福な国であり、犯罪者はそのお金を追います.

彼らは盗みの仕事をしています。」

サイバー犯罪と戦うことに専念

ボスコは、彼が知られることを好むので、チームがどのように地域にサイバー犯罪と戦うことに特化したセンターを持つインターポールと密接に連携するかを説明し、施設が4月に正式にオープンするときもそうし続ける.

さらに、ボスコは、Microsoftがアジアをターゲットに選んだ理由についても説明しました。この分野はIT分野で急速に成長しており、ハッカーやその他の営利目的のサイバー犯罪者の注意を増幅するノックオン効果がありました。

「サイバー犯罪者をビジネスマンと見なし、彼らは経済的に有利な[新興市場]をフォローしています。」

彼は、この地域の何人のコンピューターユーザーがセキュリティマインドセットを持っていないかを指摘し、特にサイバー犯罪者の影響を受けやすくしました。そのため、新しい施設では、地域固有のマルウェアやその他の脅威を調査します.

Microsoftのアジア地域のデジタル犯罪ユニットディレクターであるKeshav Dhakad氏によると、シンガポールセンターはマイクロソフトのデジタル犯罪ユニットの下で運営され、主にサポートユニットとして機能します。.

テクノロジーパートナーのグローバルデジタル犯罪ユニットは、業界パートナー、インターネットサービスプロバイダー、法執行機関と連携して動作し、ヨーロッパ、中東、アジアに位置する100人を超える弁護士、エンジニア、調査員、法医学アナリスト、データサイエンティストを含みます.

また、コンピューター緊急対応チーム(CERT)と連携して、マルウェア感染の1日あたり5億件を超えるトランザクションを処理および分析するサイバー脅威インテリジェンスプログラムへの無料アクセスを提供します。また、サードパーティパートナー向けのトレーニングも提供しています.

シンガポールの内務貿易産業副大臣であるS. Iswaranは、同国は多国籍企業の大規模なビジネスハブとしての地位により、「サイバー犯罪者にとって自然な目標」を提示したと述べました。.

彼は、過去数年間に企業と政府の両方のウェブサイトが攻撃者によって標的にされたことを確認し、シンガポールが繁栄し続けるにつれて、攻撃の数が将来増加する可能性があることを示唆しました.

マイクロソフトの新しいサイバー犯罪サテライトセンターを歓迎して、Iswaranは次のように述べました。

「業界間および官民パートナーシップを通じた専門知識と情報の共有は、効果的なサイバーセキュリティエコシステムの基盤です。ネットワークがインテリジェンスを迅速に共有し、パートナー組織が脅威に対処するための対策を議論したり、同様のインシデントの発生を防止したりできる信頼環境を作成することが重要です。」

一方、マイクロソフトは、新しいハブがビジネスのためにオープンしたとしても、他の場所に集中し続けます.

ボスコは、中国と、主にマイクロソフトのオペレーティングシステムを含む海賊版ソフトウェアの急増が原因であると述べた国内のマシン間の感染率が高いことを強調しました。

「中国国内には膨大な数の感染症があり、調査の結果、安全性のないサプライチェーンが原因でした。.

何が起こるかは、マルウェアが事前にインストールされたコンピューターを購入するだけで、多くの人々が感染することです。場合によっては、自動更新やファイアウォールの無効化など、すべての機能が搭載されていることもあります。.

感染していない場合でも、インターネットにそれを置くと、数時間以内に感染します。それが連鎖するだけで、そのために中国で大量の感染が発生します。」

注目の画像:ガジュス/ダラーフォトクラブ

マイクロソフトが新しいサイバー犯罪ハブでアジアをターゲットに
admin Author
Sorry! The Author has not filled his profile.