ハクティビズムと破壊行為は、昨年のDDoS攻撃の主な動機でした

[ware_item id=33][/ware_item]

ハクティビズムと破壊行為は、昨年のDDoS攻撃の主な動機でした


Arbor Networksの最新の年次インフラストラクチャレポートによると、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃の規模、頻度、複雑さが増大しています.

セキュリティベンダーの第10回年次ワールドワイドインフラストラクチャセキュリティレポート(WISR)は、今年の報告された最大の攻撃がなんと400 Gbpsであり、2004年のレポートで指摘された最大の攻撃のサイズの約50倍であることを強調しています。昨年中に100Gbpsを超える速度で記録された別の9つのイベントにより、攻撃の規模は確かに重要です.

同社はまた、2013年に、調査の回答者の4分の1以上が1か月あたり21を超える攻撃を経験したことにも注目しています。今年までにその数字は38%に上昇しました.

DDoS攻撃:ターゲット

287人の回答者のうち、90%が、組織が経験したDDoS攻撃はアプリケーションレベルであり、調査対象組織の42%は、ボリューム、アプリケーションレイヤー、ステート枯渇の手法を含む多面的な攻撃が見られました.

当然のことながら、回答者の4分の1以上が、クラウドサービスを標的とする攻撃を見たことがあると答えています.

データセンター-攻撃者によってしばしば選ばれた標的であり、彼らの努力も大きな影響を与えました-事業者の3分の1以上が帯域幅を完全に使い果たした攻撃を目にし、ビジネスの損失だけでなく付随的な損害ももたらしました.

企業もDDoS攻撃の被害を受けましたが、Arborの調査回答者のほぼ半数が過去12か月間に攻撃を見たと述べています。これらの攻撃の5分の2で、組織のインターネット接続は完全に飽和状態になりました.

多くの企業がDDoS攻撃に備えていない

DDoS攻撃の増加とその深刻さにもか​​かわらず、多くの企業は、インシデントへの対応にまったく準備ができていないと答えた回答者の10%に対して、十分な準備ができていません。調査対象者の40%のみが、このような攻撃ベクトルに対応するための十分な準備をしていると答えています。.

調査結果にコメントして、Arbor NetworksソリューションアーキテクトのディレクターDarren Ansteeは次のように述べています。

2004年、企業の世界は、前年にネットワークを破壊したSlammerやBlasterのような自己増殖ワームを監視していました。また、データ侵害は、データファイルに直接アクセスする従業員によって行われた可能性が最も高いものです。今日、組織には、はるかに広範囲で高度な脅威の脅威があり、防御する攻撃面がはるかに広くなっています。攻撃または侵害の成功によるビジネスへの影響は壊滅的なものになる可能性があります。現在、その危険性ははるかに高くなっています。」

動機は何ですか?

しかし、分散型のサービス拒否攻撃に注意する必要があるのは企業だけではありません。企業部門に対するレポートの理解できる関心を超えて、Arborは非金融的な理由が実際にそのような攻撃の最大の動機である方法も明らかにしました.

過去3年間の報告によると、破壊行為とイデオロギーハクティビズムの促進は、これらのタイプの攻撃の一般的な理由のままでした。.

報告書によると、もう1年にわたるゲームの人気は「パーセンテージで上昇しました。今年は注目度の高いゲーム関​​連の攻撃キャンペーンの数を考えると、驚くことではありません」と結論付けています。他のプレイヤーに対するスコアまたはgrみを解決する.

そのような人々にとって、DDoS攻撃は、それらを引き離したり、雇うためのそのようなサービスを見つけるのが比較的容易であるため、好まれた攻撃手段でした。.

Arborは、このような最大の攻撃の多くは、UPnP標準の一部であるSimple Service Discovery Protocolを介して侵害される可能性のあるゲームコンソール、ルーター、モデムなどの一般的な家庭用ハードウェアを利用します。そのようなデバイスは、デフォルトのログイン資格情報に依存し、所有者がそれらを変更したがらないため、魅力的なターゲットになることがよくあります。.

注目の画像:ガジュス/ダラーフォトクラブ

ハクティビズムと破壊行為は、昨年のDDoS攻撃の主な動機でした
admin Author
Sorry! The Author has not filled his profile.